Jリーグまとめ

レイソル 過去の連勝記録とJリーグ連勝記録(J1/J2)について

柏レイソルさんの過去の連勝記録についてまとめました。

  • 2020年8月9日:更新
  • 2019年8月29日:11連勝まで更新
  • 2019年8月11日:9連勝分を更新
  • 2019年8月02日:更新

○レイソルの歴代連勝記録

1位:12連勝[J1]96年08節~19節(延長Vゴール勝ち3試合含む)
2位:11連勝[J2]19年19節~29節
3位:8連勝[J1]17年07節~14節
3位:8連勝[J1]14年28節~15年1節
3位:8連勝[J1]00年2nd07節~14節(延長Vゴール勝ち1試合含む)
6位:6連勝[J1]99年1st07節~12節(延長Vゴール勝ち1試合含む)
6位:6連勝[J1]98年1st15節~2nd05節
6位:6連勝[J2]06年02節~07節
6位:6連勝[J2]10年12節~17節

Jリーグ創成期は、90分決着つかずの場合、Vゴール方式の延長戦、それでも決着つかなければPK戦(おまけに週2回)という過酷なレギュレーションでした。
レイソルの最長連勝記録もそのレギュレーションの時代(96年)に作られたものです。現行の90分決着とすると8連勝+3引分ということになりますが、当時はこのレギュレーションで決着をつけていたので12連勝で良いのかなと思います。
ちなみに、Jリーグ記録は1998年~99年にかけて鹿島が記録した16連勝です。(※98年のレギュレーションも96年と同じで、延長Vゴール、PKありの完全決着方式ですが鹿島はPKなしの16連勝です)

柏は96年の12連勝の記録を達成してから、3度8連勝を記録しましたが超えることができていませんでした。

○1位:1996年の12連勝(J1)

 日付   相手 結果
①96.04.17 清水 2-1 ※延長Vゴール
②96.04.20 広島 1-0
③96.04.27 平塚 1-0
④96.05.01 京都 2-0
⑤96.05.04 G大 7-1 ※エジウソン5得点
⑥96.05.11 福岡 5-2
⑦96.05.15 横マ 1-2
⑧96.05.18 磐田 4-0
⑨96.08.28 G大 1-0
⑩96.08.31 福岡 5-4 ※延長Vゴール
⑪96.09.07 横マ 4-0
⑫96.09.14 磐田 3-2 ※延長Vゴール
 96.09.21 浦和 0-7
※5月18日から8月28日まではナビスコカップを開催
※1996年のJリーグレギュレーション:
・通年でホーム・アンド・アウェー2回戦総当たり(全30節)
・リーグ戦の各試合は完全決着方式
(90分で決着が付かない場合、15分ずつのVゴール方式による延長戦。延長戦で決着が付かない場合はPK戦)
・「90分勝利」「延長戦勝利」「PK戦勝利」に勝ち点3、「PK戦敗北」に勝ち点1

→この時代のレイソルもかなり若いメンバーが活躍していました。
→GKは土肥(22)、DFは渡辺毅(23)、片野坂(25)、ザーゴ(26)あたりが中心で、シモさんも24歳です。ほかは望さんやエジウソン、バウディール。明神(18)がデビューした年で、酒井直樹(21)、森川(19)あたりもたまにスタメンで出ていたようです。

○2位:2019年19節~の11連勝(J2)

 日付   相手 結果
①19.06.22 千葉 2-0
②19.06.29 山形 1-0
③19.07.07 甲府 4-2
④19.07.13 徳島 2-1
⑤19.07.20 金沢 1-0
⑥19.07.27 栃木 2-1
⑦19.07.31 岡山 4-0
⑧19.08.04 琉球 5-1
⑨19.08.10 山口 4-1
⑩19.08.17 長崎 2-1
⑪19.08.25 岐阜 4-0
 19.08.31 新潟 1-1

→J2時代のクラブ最多連勝を更新。中村航輔、染谷、カマジロー、古賀、ヒシャルジソン、三原、クリス、瀬川、オルンガ、江坂が中心。気がつけばスタメンのアカデミー出身選手は航輔と古賀くんくらいに。

○3位:2017年07節~の8連勝(J1)

 日付   相手 90分
①17.04.16 神戸 2-1
②17.04.22 横マ 2-0
③17.04.30 新潟 1-0
④17.05.06 C大 1-0
⑤17.05.14 F東 2-1
⑥17.05.20 磐田 2-0
⑦17.05.27 大宮 4-2
⑧17.06.04 浦和 1-0
 17.06.17 甲府 0-0

→下平レイソルの全盛期といっても良いころ。
→中村航輔、小池、中谷、中山、輪湖、手塚、大谷、武富、伊東、クリスティアーノ、中川あたりがメンバーの中心。アカデミーとTOPの融合が果たせたかに見えた時期。常時6~7人はアカデミー出身者が先発していた。

○4位:2014年28節~2015年1節までの8連勝(J1)

 日付   相手 90分
①14.10.18 鹿島 3-2
②14.10.22 G大 1-0
③14.10.26 仙台 2-1
④14.11.02 徳島 2-0
⑤14.11.22 大宮 2-1
⑥14.11.29 清水 3-1
⑦14.12.08 新潟 2-0 新潟大雪のため鹿島開催
⑧15.03.07 神戸 1-0
 15.03.13 仙台 1-1

→ネルシーニョ監督最終年の7連勝と翌年吉田達磨初戦の開幕戦も勝利して記録した8連勝。
→7連勝のころは3バック。
→GK:桐畑、CB:鈴木、渡部、増嶋(中谷)、左WB:橋本、輪湖、右WB:キムチャンス、藤田(高山)を使ってボランチは大谷と茨田。前線は工藤とレアンドロが中心でした。最後の7連勝は毎試合メンバーが変わっていたように記憶しています。

○4位:00年2nd07節~14節の8連勝

 日付   相手 結果
①00.07.29 福岡 1-0
②00.08.05 F東 2-0
③00.08.12 清水 1-0
④00.08.19 京都 2-1
⑤00.11.08 広島 2-1 ※延長Vゴール
⑥00.11.11 G大 3-1
⑦00.11.18 川崎 1-0
⑧00.11.23 名古 2-1
 00.11.26 鹿島 0-0
※2000年のJリーグレギュレーション
・1stステージ、2ndステージの2ステージ制
・リーグ戦の各試合は完全決着方式
(90分で決着が付かない場合、前後半15分ずつのVゴール方式による延長戦。延長戦で決着が付かない場合は引分)
・「90分勝利」勝点3、「延長戦勝利」勝点2、「引分」勝点1

→年間最多勝ち点を獲得しながら優勝できなかった00年。
→GKは若き南雄太(21)に、完全封鎖トリオの洪明甫(31)、薩川了洋(28)、渡辺毅(28)。ボランチはシモさん(28)と明神(22)、光輝(26)と平山(22)が両翼。大野(22)が司令塔、キタジ(22)と望さん(30)という古のレイソルですね。シモさんはこの年序盤戦出場機会を減らしてまして、8連勝のころはスタメンでしたが、2001年にFC東京に移籍しています。

○クラブ別連勝記録(J1)

J1在籍クラブを中心にクラブ別連勝記録をまとめました。
意外とまとまって載ってるサイトがなくて探す&調べるのに苦労しました。
間違いや更新漏れがあったらご容赦くださいませ。

鹿島:16連勝(1998年2nd5節~1999年1st3節)
東V:15連勝(1995年)※PK勝1試合含む
木白:12連勝(1996年8節~19節)
川崎:12連勝(2020年13節~25節)   
   6連勝(2005年、2009年)
横マ:11連勝(1997年2nd3節~14節)
磐田:11連勝(2000年2nd~2001年1st)
名古:10連勝(1999年2nd6節~15節)
清水:9連勝(1993年2nd2節~10節、1994年1st5節~13節)
広島:9連勝(1993年2nd~1994年1st)
G大:9連勝(1997年2nd4節~12節)
浦和:8連勝(1998年1st16節~2nd6節) ※PK勝1試合含む
京都:7連勝(2002年5節~11節)
大宮:7連勝(2013年4節~10節)
C大:7連勝(1997年2nd~1998年1st、2005年)
湘南:6連勝(1994年)
仙台:6連勝(2011年24節-29節)
F東:6連勝(2016年2nd14節~2017年2節)
   5連勝(2000年2nd1節~5節、2008年23節~27節、2009年14節~18節)
神戸:6連勝(2016年2nd16節~2017年04節)
   5連勝(2008年)
千葉:6連勝(2007年23節~28節)
新潟:6連勝(2013年~2014年)
札幌:4連勝(2019年07節-10節)
   3連勝(1998年2nd14節-2nd16節、2001年2nd7節-2nd9節、2017年32-34節、2018年6-8節、23-25節)
鳥栖:4連勝(2012年30節~33節、2013年30節~33節)
大分:4連勝(2006年11節~14節、2007年33節~2008年02節)
長崎:4連勝(2018年7節~10節)
甲府:3連勝(2007年7~9節、2014年30節~32節、2015年1st12節~14節)
松本:2連勝(2015年2nd03節~04節)
横C;ナシ

○クラブ別連勝記録(J2)

14連勝:湘南(2014年)
14連勝:札幌(2000年)
13連勝:大宮(2004年)
11連勝:柏 (2019年)
10連勝:広島(2003年)
10連勝:川崎(2004年)
09連勝:清水(2016年)
08連勝:浦和(2000年)
08連勝:新潟(2002年)
08連勝:大分(2002年)
08連勝:東京V(2007年)
08連勝:福岡(2015年)
07連勝:仙台(2009年)
07連勝:FC東京(2011年)
07連勝:京都(2013年)
07連勝:千葉(2017年)
07連勝:横浜FC(2019年)

8連勝以上の12チームはすべてその年に昇格。福岡のみプレーオフ経由。
7連勝になると11年のFC東京のみ昇格。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レイソル J1リーグ戦連続ゴール記録のこと前のページ

レイソル 最年長出場ランキング(2020年シーズン終了まで反映)次のページ

関連記事

  1. 2021柏レイソル

    いつまでもあると思うよ!?親と金 2020年度(令和2年)柏レイソル個別経営情報開示

    毎年7月後半に公開されますJリーグ個別経営情報開示資料。柏レイソルさ…

  2. 柏レイソルまとめ

    レイソルのフロント、チーム強化責任者について

    TOPチームの調子が悪いとフロントの責任を問われるのはサッカークラブ…

  3. Jリーグまとめ

    Jリーグ 全56クラブ ソーシャルメディアのフォロワー数をまとめてみた(2020年版)

    毎年開幕前、ちょうどゼロックス杯のあたりで調べて更新しているJリーグ…

  4. Jリーグまとめ

    Jリーグ各クラブのシーズンチケット(年チケ)販売数・ファンクラブ会員数について調べてみた

    J各クラブの年チケ(シーズンチケット)やファンクラブ、後援会の会員数…

  5. 柏レイソルまとめ

    柏レイソルU-15 年度別国内大会成績まとめ

    2019年12月11日:2019年分を更新2019年8月29日:クラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

プライバシーポリシー

PAGE TOP