その他サッカー

J1 18クラブ ソーシャルメディアのフォロワー数をまとめてみた(2018年版)


今年もJ1に所属している18クラブ+昨年、一昨年にJ1に所属していたクラブについて、ソーシャルメディアのフォロワー数を調べました。

取り上げたソーシャルメディアは昨年同様4つです。Twitter、Facebook、LINE、instagram。今年も単純に各メディアのフォロワー数を足した[フォロワーアカウント数の合計]を出して比較しています。お気に入りのクラブのすべてのソーシャルメディアをフォローしてる人も多いはずなので、アカウント数を足した数字にあまり意味はないのかもしれませんが、まぁ参考程度に。
それと、去年からDAZN効果でyoutubeに動画をあげるクラブも多くなっているので、調査対象にyoutubeを追加しても良いのかもしれないと思いつつやれてません。

○SNS別運用状況
4つのSNSにおける調査対象22クラブの運用状況です。
Twitter:仙台のみやってません。これはもうポリシーでしょうか。「やらない」を貫いています。理由は良く分かりませんけど。ちなみに、Jに参加している54クラブ(※U-23は除く)のうち公式twitterアカウントが未開設のクラブは、仙台と福島だけです。(※岡山はクラブスタッフとして公式認定されています。)
Facebook:調査対象の22クラブでFacebookアカウントを開設していないクラブはありません。また、FacebookはJリーグの全54クラブで公式アカウントがあります。
LINE:LINEですが、22クラブ中13クラブでアカウントがあります。アカウントがないのは、マリノス、鹿島、浦和、清水、磐田、長崎、福岡、甲府、大宮。Jリーグ公式も2017年7月13日にオープンしています。Jリーグ以外はフォロワー数があまり多くありません。
instagram:LINEよりも多く、22クラブのうち18クラブでアカウントが開かれています。アカウントがないのは、清水、磐田、新潟、甲府の4クラブ。なぜか富士山周りのクラブでインスタグラムのアカウントがありません。

○ソーシャルメディアフォロワー数
結果はこんな感じ。


1位は、フォルラン時代にFacebookで荒稼ぎしたセレッソ大阪。ソーシャル合計で126.8万アカウントからのフォローを受けています。14年のフォルラン加入で100万[いいね]を獲得しています。フォルラン以降も、着実に多言語展開を広げ、今でも日本語のほかに、英語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、ミャンマー語で更新されています。
2位は53.06万アカウントで川崎フロンターレ。続いて51.61万で浦和、51.37万でマリノス、51.08万で名古屋、鹿島が48.92万と僅差で続き、広島(37.96万)、G大阪(37.03万)までが30万超えです。8クラブです。20万台はなく以下、10万台で湘南、札幌、新潟、柏、神戸、磐田、清水と続きます。

30万アカウント以上の8クラブですが、2016年度個別経営情報での売上や販売費および一般管理費の上位クラブとほぼ合致しています。(C大阪は2016年度J2です)やはり、お金がある人口密集地域のクラブが有利と言えます。
さてレイソル。レイソルは4つのソーシャルメディアで頑張ってくれていますが、全部足しても15.67万アカウントとTOP8とはかなりの差があります。今回調べた22クラブのうち、4つのSNSを運用しているクラブは11クラブありますが、2017年2月からの一年間のフォロワー数の伸びは、11クラブ中10番目となっています。がんばってくれてますが、なかなかフォロワーが伸びていきません。
次いでJリーグ公式です。Jリーグは17年7月にLINE公式アカウントを開設しています。その後かなり力を入れておりLINEだけで146万アカウントからフォローされています。4つのSNSトータルでは220.21万アカウントと昨年同月比で+165.7万と大きく伸ばしています。内訳としては、twitterが38.36万、Facebookで20.62万、LINEが146.9万、インスタグラムが14.2万となっています。
ソーシャルメディア別にみると、Facebookが心配になるくらい人数が増えていません。Facebookのアクティブユーザーは減る一方と聞いていますのでそれが如実に現れてるのだろうと思います。あとはLINEです。LINEですが、多くのクラブはコストの安価なLINE@で運用していると思うのですが、LINE@で費用が別に掛かってきてしまう目安となる10万人を超えるクラブはありません。(10万人以上だとメッセージ送信に別で費用が掛かったはずです。)Jリーグくらいお金持ちにならないと人を集めきる所までは使えないのかもしれません。

○22クラブのソーシャルメディア別ランキング

SNS別に上位のクラブのフォロワー数を5位まで並べてみます。

・twitter
マリノス:432,615
浦和  :391,592
名古屋 :375,568
鹿島  :372,945
川崎  :336,161
・Facebook
C大阪 :1,041,776
G大阪 :98,401
広島  :74,149
川崎  :67,933
浦和  :66,289
・LINE
G大阪 :88,530
川崎  :86,257
広島  :83,853
名古屋 :62,519
FC東京:54,425
・instagram
浦和  :58,244
鹿島  :56,219
川崎  :40,326
C大阪 :34,235
マリノス:32,089

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

柏レイソル在籍時の日本代表選出者前のページ

求む新しいビジネスモデル 2017年度(平成29年度)Jリーグ クラブ経営情報開示次のページ

関連記事

  1. その他サッカー

    HONDA FCはACLに出場できるのかについて規則を洗ってみた

    2019年のことです。天皇杯のベスト8が出そろいました。ヴィッセル神…

  2. Jリーグまとめ

    Jリーグ 全56クラブ ソーシャルメディアのフォロワー数をまとめてみた(2020年版)

    毎年開幕前、ちょうどゼロックス杯のあたりで調べて更新しているJリーグ…

  3. その他サッカー

    J1 18クラブ ソーシャルメディアのフォロワー数をまとめてみた(2017年版)

    昨年に引き続き、J1に所属している18クラブ+昨年度J1に所属していた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

プライバシーポリシー

PAGE TOP