2021柏レイソル

シーズン初勝利 2021明治安田生命J1リーグ 第2節 柏レイソルvs湘南ベルマーレ

2021明治安田生命J1リーグ 第2節
@三協フロンテア柏スタジアム 3,898人[5,000人上限]
柏レイソル 2-0 湘南ベルマーレ
------1前1------
------1後0------

14 66 呉屋大翔
43 岡本拓也


○スタメン
・キムスンギュ、高橋峻、大南、染谷、古賀、ヒシャ、椎橋、瀬川、江坂、クリス、呉屋
・3バック。瀬川くんと高橋峻希さんがワイド。ヒシャ、椎橋くんのダブルボランチ。クリスと江坂さんが呉屋くんの下にいる形。
・後ろ3枚は見てみたかったので楽しみ。

○気になったこと
・立ち上がりからぎこちないけど保持できる。
・クリスの大きなサイドチェンジから高橋峻希さんの素晴らしいクロス。呉屋くんが頭で合わせて先制。クリスが早いサイドチェンジをしたことで高橋峻希さんのところで楽にクロスが上げられた。峻希さん消極的な選択が多くヤキモキするけどタイミングといいクロスの質といい完璧。
・呉屋君に早いうちにゴールが生まれたのも大きい。
・ちと気になるのがクリス。去年の怪我開けからそうだけど対面の選手を交わせないことが増えている。
・結構危ないファウルが両チームにある。

・前半終了間際に失点。柏右サイドの混戦から湘南のカウンターを喰らう。J1の中でもかなり多いファウル数に現れるように対人の強度は今のチームの特徴だけど、トランジションでの走力はまだまだ伸び代大きい。あとはリスクをかけて奪いにいって奪えなかった時のリスクヘッジ。この辺りは大きな課題。

・前半の途中くらいから湘南中村を自由にさせて流れを渡しかける。

・流れを取り戻すべく大谷さん投入。交代はクリス。クリスがこの時間帯で下がるのは相当珍しい。
・大谷さん投入のすぐ後に三丸さんを投入。やっぱりネルシーニョさんは5人交代(3回まで)の特別ルールに余り重きを置いてない気がする。大谷さんと三丸さん同時に入れれば交代回数1回少なくて済んだので。
・大谷さん投入で流れは再び柏に。ズバリの采配。
・呉屋くんの2点目。ペナ内にヒシャと椎橋さんが入り込む。ボランチ(インサイドハーフだけど)が2人ともペナ内に入り込むとかちょっとネルシーニョっぽくない。
・決定機は湘南さんの方が多かったのも事実。強力なFWがいるチームだと危なかったかも。
・とはいえ、この時期は勝つことが大事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

J2開幕からの連勝と昇格の関係前のページ

運べないけどどうしよう 2021明治安田生命J1リーグ 第3節 柏レイソルvs名古屋グランパス次のページ

関連記事

  1. 2021柏レイソル

    連敗スタート 2021YBCルヴァンカップ Cグループ 第1節 柏レイソルvs横浜FC

    2021YBCルヴァンカップ グループステージ Cグループ 第1節…

  2. 2021柏レイソル

    いつまでもあると思うよ!?親と金 2020年度(令和2年)柏レイソル個別経営情報開示

    毎年7月後半に公開されますJリーグ個別経営情報開示資料。柏レイソルさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

プライバシーポリシー

PAGE TOP