2022reysol

2022明治安田生命J1リーグ 第5節 柏レイソルvs名古屋グランパス

2022明治安田生命J1リーグ 第5節
@豊田スタジアム 11,859人
名古屋グランパス 1-1 柏レイソル
------1前1------
------0後0------

名古屋 18 マテウス・カストロ
柏 06 細谷真大

名古屋 □チアゴ □森下龍矢
柏 □ドッジ □マテウス・サヴィオ □戸嶋祥郎

スタメンと試合前の話

・前節負傷の椎橋さんに代わりドッジさんがスタメン。

・中村慶太さんはベンチスタートで代わりに戸嶋さんが起用され右WBは川口さん。

・ドウグラスさんも不在で代わりのFWには升掛くん、真家くんと高卒ルーキーの2人が。升掛くんの優先度がかなり上がってきている印象。鵜木くん、森くんもがんばれ。

・Jリーグとルヴァン杯の勝ち数で競り合ってるネルシーニョさんと長谷川健太さんの争い。柏が勝てば長谷川健太さんの290勝に並びます。(札幌は引き分けで289勝のまま)ちなみに西野さんの313勝(J1 270勝、ルヴァン杯43勝)が最多。

○試合で気になったこと

・柏は5-3-2で立ち上がり。お互い「中盤で引っ掛けて速攻」という武器のチーム同士ですが、最初に決めたのは柏。6分、センターサークルでドッジが競り合いに勝つと戸嶋さん→小屋松さん→細谷くんと繋がり中谷さんと1vs1。スピードでぶっちぎって左足の強烈なシュート。しかし細谷くん早いしたくましい。

・先制後は名古屋さんの反撃を受けます。この日出色のできだったのは「名古屋」のマテウスさん。柏左サイドで無双状態。何度もチャンスを作られます。柏の中盤は3枚なこともあって中盤で早めに展開されると守備が追いつきません。

・失点シーンもそんな感じ。名古屋左サイドからレオ・シルバを経由して右に早く展開されます。対応が追い付かず宮原選手に縦パスを入れられ金崎選手と古賀くんの競り合いこぼれをマテウス選手。コントロールされた素晴らしいゴールでした。

・ファウルというほどではないのだけど、この場面見返すと、競り合った際に金崎選手が古賀くんのユニを引っ張ってまして、古賀くんの体重が若干後ろに掛かってます。それもあってすぐに立ちあがれずマテウス選手にフリーでシュート打たれていたのかなと。露骨にやればファウルなのですが、ギリギリをついたプレー。

・何度か柏左サイドでマテウス選手にやられたことを受けてすぐ修正に入ります。失点直後から小屋松さんが左サイドに降りて5-4-1の形に。25分くらいまでは少し押されますが5-4-1にして中盤への対策をしたことで徐々に柏がボールを持てるように。

・前半終了間際、マテウス選手からのクロスを金崎選手のヘディングであわやの場面を作られますがスンギュさんのビッグセーブで救われます。

・後半は、ボール支配率上それほど差がつきませんでしたが、柏が主導権もてる時間が増えます。

・ワンタッチツータッチで名古屋の守備を剥がすプレーも多く、「なぜ去年できなかったの?」と思ってしまう。特に右サイドは、サヴィオ+川口+大南(+ドッジ)で結構良い形で崩せていました。

・また左サイドも小屋松さんが気の利いたプレーができるのでとても助かります。最終ライン近くまで下りてパス回しに参加したり、かと思えばゴール間際まで1人で運んだりと。後半から投入された中村慶太さんと小屋松さん、気の利いたプレーができるのがとても素晴らしい。確かにこういう黒子的な気の利かせるプレーができる選手は第2期ネル体制だと少なかったかもしれない。

・そんな柏の攻撃の前に立ちふさがったのがランゲラック選手。ちょっとヤバイですわ。語彙力ないですけどハンパない。「どうやって点取るの?」と思えるほどの素晴らしい反応。後半だけで3度の大決定機をことごとく防がれます。

・セットプレー。名古屋戦はCK、直接FKがそれぞれ8本あったわけですが、チャンスらしいチャンスにならず少しもったいない。ドグさん不在でしたが、高橋祐治さん大南くんと上背ある選手がいるので、セットプレーから点が入ると少し戦い方が楽になると思う。

・戸嶋さん。攻撃の所でね。躊躇しちゃう場面があるんですよね。アディショナルタイムのイエローも躊躇して奪われてファウルで止めてイエローでした。機器察知や走りまくって闘いまくるプレーは十分素晴らしいので、攻撃のところでもう1段階レベルアップできると結構ブレイクしそうな気がするのだよなあ。

・1-1で引き分け。お互い勝てたかもと思えるような試合だったかな。後半のチャンスの回数で柏の方がそう思えるかも。でも引き締まってDAZNで見てても手に力が入る良い試合でした。

次の試合に向けて

・代表ウィークでリーグ戦は1週空きます。今年ルヴァンカップは明確に若手の経験の場にしていますが、26日鳥栖戦はどうなるか。ドグさん椎橋さんと負傷の選手も戻ってこれると良いのですが。

・リーグ戦の次節は4/2磐田戦。スンギュさんと佐々木君は代表で共にドバイですので、おそらく同じ3/30深夜のフライトで帰国となるはず(ほぼ空席のあるドバイ→成田のエミレーツですが、この日だけは満席ですね)。ワクチン3回打っていれば帰国後の隔離が免除になるので磐田戦に出れるはずなのですが、どうだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

J2開幕からの連勝と昇格の関係前のページ

2022YBCルヴァンカップ グループステージ Cグループ 第3節 柏レイソルvsサガン鳥栖次のページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

プライバシーポリシー

PAGE TOP